暁のヨナ

暁のヨナ【179話】の「虚しい歓声」のネタバレあらすじ・感想ー四龍のお披露目ですよ

花とゆめ2019年17号で暁のヨナ【179話】が掲載されました。

本記事では暁のヨナ| 最新話【179話】の最新話のネタバレあらすじと感想をまとめた記事になります!

※ネタバレ注意です

暁のヨナ【178話】の「提案の形で問われた立場」のネタバレあらすじ・感想ー俺に もっと力があれば・・・花とゆめ2019年15号で暁のヨナ【178話】が掲載されました。 本記事では暁のヨナ| 最新話【178話】の最新話のネタバレあらすじと...

 

[quads id=3]

暁のヨナ| 最新話【179話】のネタバレあらすじ

 

ー空都 オギの酒場

リリ「オギ!

   やっと帰って来たわね」

オギ「久しぶりだな 嬢ちゃん」

リリ「やだ怪我?大丈夫?」

オギ「痛ェよ」

リリ「ねぇ 空都の騒ぎ見た?

   千州に捕らえられていたヨナ姫が

   空の部族軍と共に緋龍城に

   帰還するってすごい噂よ」

オギ「・・・・・・」

リリ「何か 知ってるの?」

オギ「知人の情報屋達がとある筋から

   金を貰って

   その噂を国中に散蒔いてる

   ヨナ姫の失踪及び

   イル陛下の死も

   千州の仕業だったと

   悲劇の姫は無事に保護され

   めでたく帰って来る・・・ってな」

リリ「何よ・・・それ」

アユラ「王家居る王子を

    殺したんじゃないかって

    噂が覆ってますわね」

リリ「ヨナは本当に帰って来るの?」

オギ「さあな・・・だが

   ヨナ姫が千州の戦に巻き込まれて

   奪還されたのは確かだ」

リリ「情報屋に金を渡してるのは誰よ?」

オギ「・・・・・・・・・

   ・・・さあな」

リリ「だいたい分かるけどね

   ヨナ 大丈夫かしら・・・」

 

 

 

ケイシュク「ヨナ姫 宜しいですか?」

ヨナはキレイな服に着替えていた。

ケイシュク「問題ないようですね」

ヨナ「何故こんな服を着る必要があるの?」

ケイシュク「これから城下町に入り

      民の前に出て頂きます

      ですが 

      民は貴方の顔を知りません

      遠くからでもヨナ姫とわかる

      衣装を着て頂かなくては」

ヨナ「四龍やハクは?」

ケイシュク「彼らは別の馬車を用意します

      今日は貴女を民に知らしめたい

      貴女は ただ大人しく

      馬車に座っていればいいのです」

ヨナ「・・・貴方は元々

   緋龍城に居た人では

   ないわよね・・・?

   何者なの?」

ケイシュク「・・・・・・そんな大層な

      生まれではありませんよ

      私はユホン様に拾われ・・・

      ユホン様が王になる事を

      夢見て生きてきた人間です

      それはイル王に

      阻まれてしまいましたがね・・・

      ですからスウォン陛下には

      ユホン様の在るべき姿であった

      天下を収める比類なき王に

      なって頂きたいのです」

 

ザッザッ

兵士の歩く音が聞こえてきた。

ケイシュク「そろそろ行きましょう

      民が待っていますよ」

 

 

 

「空の部族の凱旋・・・

 そして

 ヨナ姫の御帰還です」

 

ギイイイ

 

重い扉が開き、馬車に乗ったヨナが現れた。

 

ワアアア

 

民から歓声が上がった。

「おおお あれがヨナ姫か」

「本当だ 赤い髪・・・」

「伝説の緋龍王のようが・・・」

「美しい・・・」

「四龍を連れているというがどこだ?」

「ともかくご無事で良かった!」

民衆の中にリリの姿があった。

リリ”ヨナ・・・”

「ヨナ姫・・・!」

「ヨナ姫様・・・!」

「お帰りなさい ヨナ姫様!」

 

ヨナは顔色一つ変えることはなかった。

 

 

ユン「すごい盛り上がってるね

   四龍も姿出してたら

   えらい事になってたかも」

馬車の中で四龍達は外の声援を聞いていた。

キジャ「姫様が歓迎されているのは良いが

    仇と手を組むなど

    姫様の御心を思うと・・・」

ジェハ「まさか本当に

    緋龍城に入る事になるとはね

    王はこの事をちゃんと

    把握してるのかな」

ジェハの隣でハクは大刀を握りしめた。

 

スウォン・・・

この声を

お前は城で聞いているだろうか

 

何を考えている・・・?

 

 

 

ガコン

馬車が止まった。

ケイシュク「到着しました」

四龍達が緋龍城を見上げた。

ジェハ「これが・・・

    緋龍城・・・」

キジャ「何だ この感じ・・・

    不思議だ・・・

    敵地だというのに

    心が安らぐというか」

ジェハ「気のせいか

    身体も軽くなったような」

ユン「傷 治ったの!?」

ジェハ「いや なんとなく」

ゼノは静かに緋龍城を見上げていた。

ケイシュク「こちらへ

      陛下がお待ちです」

ケイシュクについて、ヨナ達は歩き出した。

 

スッ

 

ガキィン

 

ハクの前で槍が交差した。

シンア「ハク」

キジャ「何をする!?」

ヨナも驚いて振り向いた。

ハク「何のまねだ」

ケイシュク「申し訳ありませんが

      貴方は これより先に

      行く事は出来ません」

ヨナ「随分不公平な同盟ね」

ケイシュク「スウォン陛下に刃を向ける

      恐れがある者は

      入城を許可できません

      これは正当防衛です」

ジェハ「僕らだっていつ暴れ出すか

    わからない化け物だよ」

キジャ「そうだ!

    ハクを入れないと言うのなら

    我々もここで失礼する」

ケイシュク「四龍は来て頂きます」

ジェハとキジャがケイシュクを睨んだ。

ユン「はい」

ユンが手を上げた。

ユン「じゃ 僕もここで

   雷獣と待っとくよ

   別に問題ないでしょ」

ケイシュク「・・・ご自由に」

ケイシュクは背を向けた。

ヨナはほっと息を吐いた。

ヨナ「ユン ハクをよろしくね」

ユン「大丈夫

   こう見えていい子だもんね」

ユンはハクの頭を撫でた。

ハクは笑うジェハを睨んだ。

 

良かった

ユンが一緒ならハクは落ち着ける

 

この城でスウォンに会うのは

あの日以来

 

ケイシュク「お待ち下さい

      ヨナ姫はお部屋へ」

ヨナ「部屋?」

ケイシュク「長旅でお疲れかと・・・

      陛下にお会いするのは

      日を改めて場所を設けます」

ヨナ「えっ 待って

   四龍だけでスウォンに会わせるの?

   私も行く」

ケイシュク「悪いようにはしませんよ

      ただ 陛下にも

      今回の同盟について

      少しお時間を頂きたく」

シンア「ヨナ 顔色悪い

    少し休んだ方がいい」

ヨナ「シンア・・・」

ゼノ「大丈夫

   俺ら娘さんより年上だから」

ゼノがヨナに笑いかけた。

ヨナ「・・・うん」

ヨナはジュドについて部屋に向かった。

キジャ「姫様・・・お辛そうだ・・・」

ジェハ「無理もないよ

    思いだすんだろう

    僕なら半期だって居たくないね」

ゼノ「そこの2人行くぞ」

ジェハ「さて引っ越しの

    ご挨拶でも行きますか」

 

 

 

ケイシュク「陛下

      四龍を連れて参りました」

部屋に入ったが、スウォンの姿は無かった。

ケイシュク「スウォン陛下」

スウォン「あ はい」

キジャとジェハの後ろからぬっと現れた。

ジェハ「!?」

ケイシュク「どこから顔を出してるんですか」

スウォン「やあ すみません」

キジャ”びっくりした”

スウォン「城壁から凱旋の軍を

     眺めていたもので」

スウォンが四龍に視線を向けた。

キジャとジェハに緊張が走る。

スウォン「・・・お久ぶりです」

ケイシュク「お知り合い・・・ですか?」

スウォン「知人と言うにも

     知らないと言うにも

     嘘になる間柄です

     ・・・ケイシュク参謀

     まずは千州の戦

     ご苦労様でした」

ケイシュク「は・・・」

スウォン「ですが こういう

     独断は困りますね」

ケイシュク「彼らの能力は

      敵国から狙われています

      保護するのが適切かと

      彼らは戦場でも良い働きをし

      火の部族では神と

      崇める者もいるのですよ

      ですが 彼らが本当の

      伝説の四龍ならば

      緋龍城こそが本来在るべき場所

      これは歴史的な

      いえ 運命の邂逅ですよ」

スウォンはぼりぼりと頭をかいた。

スウォン「運命とか邂逅とか

     似合わない事を言うなぁ

     ケイシュクさん

     何をしたいのか結論をどうぞ」

ケイシュク「四龍が緋龍城に帰還したと

      祭りを開きましょう」

スウォン「祭り・・・」

ケイシュク「イル王の御代にも

      年に一度行われていた

      武術大会を行い

      そこに四龍を出場させる・・・

      四龍のお披露目ですよ」

 

[quads id=3]

最新話・最新刊の漫画を無料で読むなら!

以上、暁のヨナ【179話】のネタバレを紹介しました。

文字だけじゃなくてやっぱり絵付きで読みたい!もしくは絵付きで読みたくなった!

という方におすすめなのがU-NEXT。『暁のヨナ』を無料で読む方法を画像で詳しく解説します!

▼31日間無料体験で600Pゲットして今すぐ読む!▼

※1分で簡単登録可能!

\解約方法は以下のボタンからご覧ください/

※無料期間中に解約すれば違約金もなく解約可能です。

[quads id=3]

暁のヨナ| 最新話【179話】の感想

ヨナのお披露目、四龍の祭り。

ケイシュクの言う通りに動いていくのにふつふつと苛立ちます。

リリが早くヨナの側にいってくれたら・・・。

ケイシュクの提案にスウォンがどう答えるのか、

四龍とヨナがどう受けとけるのか・・・続きが気になります。

まとめ

以上、暁のヨナ| 最新話【179話】のネタバレ・感想を紹介しました。

 

漫画は絵と一緒に読むことで面白さが倍増します。

もし絵付きで読みたくなった場合は電子書籍サイトがおすすめです。

「どの電子書籍サイトでも一緒じゃないの?」

と思っている方は騙されたと思って下記の電子書籍まとめ記事を御覧ください。

 

今は無料体験時にポイントが沢山もらえるサービスも数多くあるので、その中でもおすすめなサービスをご紹介しています。

 

\書店で買うより圧倒的に電子書籍の方が安く読める!/

 

 

※2019年6月に登場した【星のロミ】【漫画村.club】の詳細については別記事でまとめています。
 
 
\星のロミ・漫画村.clubの詳細と危険性は以下よりご覧ください/
 

 

▼【ワンピース】悪魔の実130種類まとめ

[quads id=5]

週刊少年漫画のネタバレ一覧!

  • ジャンプ
  • ヤングマガジン
  • サンデー
  • マガジン
  • チャンピオン
  • ヤングジャンプ

各種少年漫画雑誌のネタバレを一挙に見るには以下をチェック!

 

週刊少年漫画雑誌のネタバレ一覧はこちら!

 

【星のロミ】【漫画村.club】の詳細と危険性について


2019年6月に入り突如として出現・話題になった

  • 星のロミ
  • 漫画村.club

 

巷では漫画村の復活を喜ぶ人もいますが、実はかなり危険であることが調べてわかりました。

更にはすでに

「1ページも読み込めない」

などと言った声も上がっています。

星のロミ、漫画村.clubの実態は一体なんなのかを徹底調査しましたので、ぜひご覧ください。